何気なく見るものでも意外と知らないレジ袋

コンビニやスーパー、ドラッグストアなど、毎日の買い物の中で当たり前のようにレジ袋を使用しますが、一般の人々が意外と知らないことがいくつかあります。
まず、店舗によって袋の強度がかなり異なることです。買い物をされたお客様全員にお渡しするものでもありますが、袋も経費の源ですので、なるべく抑えるために値段の安い製品を使用する店舗があります。客数によっては一日に数万枚単位で使用することもありますから、一枚当たりの単価が重要になるのです。
薄い材質でできた袋を使用するときは、入れる商品で袋の内側を擦らないようにしましょう。非常にもろく、袋が破れがちになります。帰宅した後の再利用も、生ゴミを入れるのに使用するなど、突起物が無いゴミを捨てるのに使用するのが賢い利用法です。

底に平べったいものを入れると安定感アップ

買い物帰りに袋が揺られているうちに、中身が乱雑に入った状態になることはないでしょうか?
レジ袋には安定感を高める入れ方があります。例えばコンビニのお弁当など、平べったい形をしたもので底を作ります。この時袋の底の大きさと合っているのがベストですが、商品が多少大きくなっていても問題はありません。そうすれば持ち帰る際の振動があっても中身があまり動かないでしょう。スーパーの場合は卵のパックをいれるのも良い方法です。卵は縦方向の衝撃には強く、上にものを乗せても割れることはありません。底を固めることが袋の性能を最大限に生かすポイントです。また、貰った袋では足りない場合は遠慮せずに追加の袋を貰いましょう。商品を買っていないのに袋だけ貰うお客さまも時々いるのですから。

リピーター作りの効果もあるレジ袋

無地の袋を使用している店舗も多いですが、殆どの場合袋には店舗のロゴが入っています。日常使用している店舗ならあまり意味はないのかも知れませんが、たまにしか行かないお店の場合は、再利用するときに久しぶりにロゴを見ることはリマインダーの効果があります。最近ここで買い物をしていなかったなと思うのです。
普段外出している中で、待ちゆく人の袋を注意して見ることはありません。そのため、買い物をした本人に対する広告ツールと言えます。印刷にはそれほどコストがかかるわけではありませんので、機会を失わないためにもロゴは入れましょう。
省エネやエコの面から使用がはばかられる部分がありますが、社会や経済にとって欠かせないものであり、上手に使用することで生活の便利さや、お店の側にとっても広告手段としての効果があります。