レジ袋の収納はどうやってする?タイプ別収納方法

マイバッグ、お買い物バッグが普及した今日でも買い物すると増えていってしまうのがレジ袋です。決めた場所に決めた分だけ収納するのが良いですが、どんな収納方法があるのでしょうか。見えない場所ではポイッと丸めて入れるだけ、見える場所に収納するならおしゃれに収納したい等、好みや使う場所によってベストな収納の仕方は変わります。
よく使う場所といえば台所です。シンク下にしたり、引き出しにしまったり、反対に見せる収納としてしまわずにいたり様々です。しかし、使う時には使いやすい方が良いので、丸めただけで引っ張ったらポップコーンのように飛び出してしまう…という事態は避けたいです。
身の回りにあるものを活用することによってレジ袋の収納が簡単にできる方法があります。

毎回たたむのは面倒くさい!そんなあなたは

毎回もらってきた袋をきちんとたたんでしまうのが面倒くさいという方は、たたまずに収納してしまいましょう。シンク下の扉の内側などに、タオルハンガーを2本かけ、そこに袋をかけるだけで収納できます。使う時もサッと取り出すだけなのでとても便利です。この方法での注意点はひとつ、人から見えない場所でなければいけません。生活感丸出しになってしまうので気をつけましょう。
きちんとたたむのは面倒だけど、丸めるくらいなら構わない…というかたは、この中にだけ入れると決めた場所に丸めて入れましょう。それはカゴの中でも良いですし、おしゃれな野菜ストックの袋でも構いません。お気に入りの紙袋に入れたりすると生活感もなく、インテリアのひとつのように見えます。ファイルケースやアームカバーを使ったりと、身の回りにあるもので簡単に収納できます。

ぐちゃぐちゃしているのが嫌なあなたは

ただかけておくだけ、丸めておくのが嫌な方もいらっしゃいます。性格等個人によって違うので当然です。きちんと毎回たためるのであれば、浅い引き出しに収納したり、サイズごとに分けたりしても場所を取らないので便利です。たたむことでかさばらなくなるので、おしゃれなクリップなどではさんでも見た目がすっきりします。袋の折り方は正方形であったり、三角であったり様々です。しかし、たたみ方は統一されている方がきれいに見えますが、大きさ等で分けない場合には大きさに合わせると統一感が出てきれいに見えます。
ぐちゃぐちゃして見えるのが嫌だけど、部屋のごみ箱に使いたい等用途が決まっているものは、その場所に入れてしまうのもひとつの手です。部屋のごみ箱だけに使うなら、ごみ箱に袋をかける前に何個か入れておくだけです。直接入れても外からは見えないですし、使う時もすぐに取り出せるのでとても便利です。