• This is a sample description text for the slide.

  • This is a sample description text for the slide.

  • This is a sample description text for the slide.

  • This is a sample description text for the slide.

商品購入とセットになるレジ袋、どうしてますか?

日常的に食料品や飲料、日用品を買うところといえば、スーパーマーケットやコンビニエンスストアです。そういったところで商品を購入すると大抵は袋に入れてくれます。アパレル店舗の場合は、ブランドイメージを押し出したおしゃれなショッピングバッグに商品を入れてくれます。人気ブランドの場合はショッピングバッグを鞄代わりに持ち歩く人も多く、購入商品を入れるだけではない価値がそこにはあります。それに比べるとレジ袋はとても簡素で、再利用の場もあまりありません。コンビニですぐ食べられる食料品を購入した際に、そのままごみ袋として利用されるくらいです。購入してから持ち帰る、もしくはその商品が必要となるまでの間、一時的に商品を入れるだけの捨てること前提の袋だと言えるでしょう。

本当に必要なのかを考えてみましょう。

商品を購入するたびに増える袋は、本当に必要なのでしょうか。弁当屋惣菜など、すぐ食べるものを購入した際にはごみ袋として服をもすぐに使います。けれど、スーパーで食料品や日用品など、冷蔵庫や置き場所にしまう商品を購入した場合はどうでしょう。それぞれの場所に買ったものを詰めたらもう袋の出番はありません。ちょっとしたごみをまとめるために袋をストックしておく人もいることでしょう。けれども、気が付けば溜まりすぎていて、結局は持て余してしまうことも多々あります。一時的に商品を運ぶための袋だと考えると、適正量以上は必要ありません。「袋いらないです」と言って、必要以上の袋を断る姿勢も大切です。すぐに開封して使用する商品を購入した場合、袋もすぐにごみになってしまうので、最初からごみをもらわない方が効率的です。

スーパーでは袋の有料化が進んでいます。

レジ袋は自然に分解されることがありません。そのため、ごみとしてそこらに捨てられたら、ずっと残ってしまうのです。野生動物がそれを口にして問題となったことも何度もあります。その結果、大手スーパーでは袋を有料にするところが多く診られるようになりました。また、袋は無料でも、袋が不要だということを伝えるカードを用意するなど、不要な袋を渡さない、もらわないための施策を行っているところもあります。袋有料化とは逆に、袋をもらわなかった場合に値引きをするパターンもあります。エコバッグが普及したこともあり、必要な人に必要なだけの袋が渡るようになりつつあると言えるでしょう。レジ袋が不要になることはこの先もきっとありません。必要なものであることは確かです。過剰にもらわないことを意識するだけで、世の中は少し変わるのかもしれません。

ディスプレイ用テーブルは木製からアイアン製まで幅広く取り扱っております。 試着用フェイスカバーとフェイスカバーケースも取り扱っております。 多段テーブルは各サイズ取り揃えております。 セール商品でおなじみのワゴン什器の種類も豊富に取り揃えております。 回転タイプのネットディスプレイ小スペースにも便利。 ショーケースはアルミ素材から木製まで取り扱っております。 店舗用レジ袋はこちら